広告

2013年08月22日

総論2


リガンドとは?

受容体と特異的結合をする内源性の活性物質。


アゴニストとアンタゴニストについて説明せよ。

外源性の受容体を介しての反応を起こす物質を受容体の作用薬(アゴニスト)および、拮抗薬(アンタゴニスト)という。
アゴニストは親和力と固有活性を持つ。アンタゴニストは親和力があるが、固有活性はない。


固有活性とは?

薬物と受容体の結合による効力を産生する能力を指す。
1≧α≧0


親和力とは?

薬物と受容体の結合のしやすさ。KDで表す

親和係数とは?

pD2で表す。pD2=-lgKD


競合的拮抗薬とは?

アゴニストと同じ受容体に結合し、アゴニストの用量―効果曲線を右方に平行移動させる薬物。


pA2とは?

拮抗係数。
アゴニスト単独時の用量-反応曲線を2倍だけ高用量側に平行移動させるのに必要な競合アンタゴニストのモル濃度の負対数。

【関連する記事】
posted by 薬理学学習君 at 20:39| 総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。